キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

はじめまして&4月17日研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめまして。4月より竹中研の助教に着任いたしました松井智子です。
竹中先生や、学生の皆さんに色々教えていただきながら、研究室での生活にも慣れてきました。
教員としても研究者としてもまだまだひよっこですが、研究室の発展に寄与できるよう頑張ります。
よろしくお願いいたします。

さて、本日は今年度の2回目の研究会がありました。
発表内容は以下の通りです。

竹中先生
・Positive Education: Happy Students & Positive Psychology In The Classroom
・Shankland, R., & Rosset, E. (2017). Review of brief school-based positive psychological interventions: A taster for teachers and educators. Educational Psychology Review29(2), 363-392.

松井
・Graham, A. L., Brooker, J., Hasking, P., Clarke, D., & Meadows, G. (2019). Receipt and Perceived Helpfulness of Mental Illness Information: Findings from the Australian National Survey of Mental Health and Wellbeing. Health communication34(1), 39-45.

渡辺さん(D2)
・Lauver, D. R., Ward, S. E., Heidrich, S. M., Keller, M. L., Bowers, B. J., Brennan, P. F., … & Wells, T. J. (2002). Patient‐centered interventions. Research in nursing & health25(4), 246-255.

吉田さん(D1)
・Puig-Ribera, A., Bort-Roig, J., González-Suárez, A. M., Martínez-Lemos, I., Giné-Garriga, M., Fortuño, J., … & Gilson, N. D. (2015). Patterns of impact resulting from a ‘sit less, move more’web-based program in sedentary office employees. PloS one10(4), e0122474.

ウェイリンさん(M2)
・Baadjou, V. A. E., Roussel, N. A., Verbunt, J. A. M. C. F., Smeets, R. J. E. M., & de Bie, R. A. (2016). Systematic review: risk factors for musculoskeletal disorders in musicians. Occupational Medicine66(8), 614-622.

太田さん(M2)
・進捗報告「児童を対象とした「強み」介入」ー分析についてー

高木さん(M2)
・Web体験共有による介入研究(修了生:小松沢早桐さん)の紹介
・Stewart, M., Letourneau, N., Masuda, J. R., Anderson, S., & McGhan, S. (2013). Impacts of online peer support for children with asthma and allergies:“it just helps you every time you can’t breathe well”. Journal of pediatric nursing28(5), 439-452.

久しぶりに、まともに英語論文を読みました・・・
錆びついた英語力をなんとかせねばなりません・・・
そして、論文がすぐ手に入る環境のありがたさを痛感しました。

疲れ果てたので、今日のランチは肉!!を。
お肉の力をチャージして午後からも頑張りましょう〜!





  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索