キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

もう夏ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

D2の渡辺です。2019年度春学期が始まり,2ヶ月弱となりましたが,各種助成金申請,秋の国内外の学会申し込み等々,自分の調査を含めて,沢山のことを経験しています。今月末に,マレーシアのコタキナバルで開催される The 7th Asian Congress of Health Psychology 2019 のアブストラクト締め切りを控えているので,院生のみなさんと一丸となって頑張っています。松井先生のご自宅から大きく大変甘くて美味しいスイカの差し入れがありました。とてもよいご褒美になりました。

竹中先生

Morgan, J., & Atkin, L. (2016). Expelling stress for primary school teachers: Self-affirmation increases positive emotions in teaching and emotion reappraisal. International journal of environmental research and public health13(5), 500.

Trigwell, K. (2012). Relations between teachers’ emotions in teaching and their approaches to teaching in higher education. Instructional Science40(3), 607-621.

Martin, J., Sheeran, P., Slade, P., Wright, A., & Dibble, T. (2009). Implementation intention formation reduces consultations for emergency contraception and pregnancy testing among teenage women. Health Psychology28(6), 762.

松井助教

Ungar, N., Sieverding, M., Weidner, G., Ulrich, C. M., & Wiskemann, J. (2016). A self-regulation-based intervention to increase physical activity in cancer patients. Psychology, health & medicine21(2), 163-175.

吉田(D1)

Smith, T. W., Birmingham, W., & Uchino, B. N. (2012). Evaluative threat and ambulatory blood pressure: Cardiovascular effects of social stress in daily experience. Health Psychology31(6), 763.

太田(M2)

Bu, H., & Duan, W. (2018). A single-session positive cognitive intervention on first-year students’ mental health: Short-term effectiveness and the mediating role of strengths knowledge. Journal of American College Health, 1-8.

高木(M2)

Halls, A., Nunes, D., Muller, I., Angier, E., Grimshaw, K., & Santer, M. (2018). ‘Hope you find your ‘eureka’ moment soon’: A qualitative study of parents/carers’ online discussions around allergy, allerfy tests and eczema. BMJ Open, 8(11), e022861. Doi:10.1136/bmjopen-2018-022861.

Wei Ling Ong (M2)

Wilke, C. (2011). Motor activity as a way of preventing musculoskeletal problems in string musicians. Medical Problems of Performing Artists26(1), 24-29.

渡辺(D2)

博士論文計画及び調査進捗

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索