キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

eスクール生訪問。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すっかり寒くなり,フロンティアリサーチセンターから生協に向かって歩いていると,手がとても冷たくなってしまいます。
手袋が必要だな~。
寒いからといって歩かずにバスにばかり乗っていると太ってしまうので,意識して歩くようにしたいと思います。

さて,今日の研究会。

【飯尾】
Redman, B.K.
Patient self management of chronic disease

【堀内】
Angelopoilos, et al.
Change in BMI and blood pressure after a school based intervention: The CHILDREN study

先日,eスクールの方々が研究室にみえました。
3人の方それぞれの問題意識,そしてやってみたいことなどを先生と院生でお聞きし,どのように研究が進めていけるのかを話し合いました。
eスクールは,インターネットを介して授業を進めていくものですが,こうして実際に会って話すことはインターネットではなかなか得られないものを与えてくれます。

eスクールの方たちの意欲や,また現在臨床現場で感じている悩みなども聞くことができ,こちらにとっても大きな気づきをいただくことができました。
すごく遠い研究室ですが,また皆さんと情報交換し,有意義な研究ができることを楽しみにしています。

文責:藤澤雄太(D2)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索