キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

追い込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月も下旬に近づき,慌ただしくなってきました.
年明け間もなくして卒論・修論提出ということもあり,追い込みに入っています!!
街はクリスマスムードでいっぱいですが,研究には休みはないものだな,と感じます。

さて,自身の研究(高齢者の口腔機能の向上を目指したセルフケアプログラムの開発)の進行状況ですが,予定より大幅に遅れてしまいました.
本研究は自助冊子による介入です.
先日ゲラができ,1回目の修正に出しているところです.
まだまだ修正は必要となりそうですが,よりよい冊子ができるようにしたいと考えています.
また,ブログにて報告します.

担当:緑川裕美

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索