キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

高齢者の様々なセルフエフィカシー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数日、4年生の皆さんが卒論提出に情熱を注いでいました。本日が提出日、皆さん無事に提出できそうで、指導にあたった先生をはじめ、院生一同胸を撫で下ろしています。出来上がってみると様々な内容の論文があり、私自身も勉強になりました。
昨年末から、高齢者における転倒についての論文をいくつか執筆しています。転倒や運動をはじめ、セルフエフィカシーは様々な活動において課題特異的に働くため、その作用機序や測定方法も様々です。この概念に関しては本当にいろいろ苦労しますが、だからこそ取り組みがいがあり、改めて重要な概念であると感じています。
新学期まであと3ヵ月。驚くほど早い時間の経過に焦りつつも、実りある研究を行って行きたいと思います!

(前場)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索