キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

春の気配

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気がつけば、あと1ヵ月ほどで新年度です。
昨日今日は久しぶりに暖かい日で、わくわくそわそわした気持ちになりました。
今日は、研究室の大掃除&模様替えがあります。徐々に新年度の準備が進められています。

突然で、しかも私事で恐縮ですが、私は数学が苦手です。
どのくらい苦手かといえば、高校の時の模試で、200点満点中18点という驚異的な数字を出してしまったくらい…それからXX年経った今でも、その苦手な度合いはかわっていないように思います。
そんなわけで、今、苦労しているのが統計法です。
自分が考えていることを表現するため採用すべき最も適切な方法はどれなのか。
計算は統計ソフトにまかせるとしても、方法の選択と結果の解釈は、自分でしなければなりません。
修士課程を修了してから博士課程に入るまでに間があった私は、かつて必死に勉強したこともずいぶん頭から抜けてしまっており、継続は力なり、という言葉をかみしめているところです。
…なんて、うだうだと悩みこんでばかりいないで、さっさっと今あるデータをまとめ、次の調査の計画を立てよう!新年度に向けて!!

(文責:上村)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索