キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

第4回研究会開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早いもので2010年4月もあと3日。今年の春は寒かったですが、やっと少しずつ春らしくなってきました。

博士課程2年の細井俊希です。私の研究テーマは、「リハビリテーション分野における運動療法の導入と継続について」ですが、特に、運動の継続に効果のある心理的介入について検討しています。結果が出たらまた報告いたします。

本日は研究会が開催されました。発表内容は以下のとおりです。

満石
Smoking behavior in context: Where and when do people smoke?
Gucht VD, Bergh VO, Beckers T, Vansteenwegen D
J Behav Ther & Exp Psychiat, 41, 172-177, 2010

前場
Analysis of individual social-ecological mediators and moderators and their ability to explain effect of
a randomized neighborhood walking intervention
Michael YL, Carlson NE
International Journal of Behavioral Nutrition and Physical Activity 2009; 6: 49(p1-11)

斉藤
The impact of a student-led pedometer intervention incorporating cognitive-behavioral strategies on step count and self-efficacy.
Raedeke DT, Focht CB, King SJ
Res Quenterly Exercise and Sport, 81, 87-96, 2010.

堀内
Accelerometers and internet for physical activity promotion in youth? Feasibility and effectiveness of a minimal intervention.
Slootmaker SM, Chinapaw MJM, Seidell JC, van Mechelen W, Schuit AJ
Preventive medicine in press. 2010


Developing a coordinated school health approach to child obesity prevention in rural Appalachia: results of focus groups with teachers, parent and students.
Schetzina KE, Dalton WT, Lowe EF
Rural and Remote Health, 9, 1157, 2009.

明日から世間はGWですね。

(文責:細井)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索