キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

第5回研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GWが明け,早いものでもう五月も中旬です。
第5回研究会の発表論文を発表順に紹介します。

新倉:Wilson D,et al.
An Overreview of “The Active by Choice Today”(ACT)trial for increasing physical activity.
Contemporary Clinical Trials,29,21-31,2008.

飯尾:Drotar D,et al.
Influences on adherence to pediatric asthma treatment:A review of correlates and predictors.
Journal of Developmental & Behavioral Pediatrics,30,574-582,2009.

鈴木:Leibbrandt AK,et al.
Effects of the pro-active nterdisciplinary self-management(PRISMA,Dutch DESMOND)program on dietary intake type 2 diabetes outpatients:A pilot study.
Clinical nutrition

村山:Dulon M,et al.
Prevention of occupational skin desease:a workplace intervention study in geriatric nurses.
British Journal of Darmatology,161,2009.

細井:Garrod R,et al.
Self efficacy measurement and goal attainment after pulmonary rehabilitation.
International Journal of COPD,3(4),791-796,2008.

藤澤:Rollinick S,et al.
Negotiating behavior change in medical settings:The development of brief motivational interviewing.
Journal of Mental Health,1,25-37,1992.

上村:Cummimgs KM,et al.
The identification of framed messages in the New York State Smokers’Quitline materials.
Health Education Research,25(1),54-60,2010.

竹中先生:
Point of decision prompts to increase stair use -A systematic review update.
(Am)Prevention Medicine,38(2S),s292-s300,2010.

さて,私は修士課程から継続して「小児喘息の患者教育」に関する研究を行っています。今は、修士で開発したプログラムを修正するために,さまざまな文献を読み直していますが,なかなか目に見える効果がないため,悶々とする日々です。しかし,今の段階を怠ると,患者教育の成果および子どもとその家族の人生に大きく影響するため,あせらずじっくりと進めていこうと思っています。

話は変わりますが,先月末の事業仕分けで,公的研究費についても大きな話題になっていました。研究を遂行するにあたって,研究の社会的意義および社会の信頼に応え得る研究活動ということが,改めて問われているように感じました。

今日5月12日は「看護の日」。
私は,自身の看護と博士論文の社会的意義,臨床意義を見直す日にしたいです。

文責:飯尾

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索