キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

第6回研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日5月19日に行われた第6回研究会の発表内容は次の通りです.

竹中先生
スモールチェンジ・アプローチ

満石
O’Connell et al. Thinking and/or doing as strategies for resisting smoking. Reseach in Nursing & Health 2006,29,533-542.

前場
McAuley et al. Physical activity, self-efficacy, and self-esteem: Longitudinal relationships in older adults. Journal of Gerontology: PHYCHOLOGICAL SCIENCES 2005, 60B, 268-275.

斎藤
Williams et al. Comparing psychosocial predictors of physical activity adoption and maintenance. The Society of Behavioral Medicine, 2008, 36, 186-94.


Jago et al. Parent and child physical activity and sedentary time: Do active parents foster active children? BMC Public Health 2010, 10, 194.

鈴木
Befort et al. Group versus individual phone-based obesity treatment for rural woman. Eating Behaviors 2010, 11, 11-17.

堀内
Slootmaker et al. Promorting physical activity using an activity monitor and a tailored web-based advice: design of a randomized controlled trial. BMC Public Health 5, 1-9.

おととい,修士の時に行っていた研究でお世話になった小学校の取り組みがテレビ番組で取り上げられていて,当時お世話になっていた副校長先生のお姿もあり,とても懐かしくなりました.

堀内

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索