キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

日本スポーツ心理学会第37回大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本スポーツ心理学会第37回大会が11月19日(金)から21日(日)に開催されます。
竹中研究室からの発表者は、次の通りです。

11月21日(日) 9:00-11:00 9F会場 竹中先生
学会企画シンポジウム「運動行動における自律と自立」

11月21日(日) 13:30-15:00 竹中先生・満石寿
ラウンドテーブルディスカッション「身体活動の新しい魅力づくり-心理学からの貢献-」

11月20日(土) 11:20-12:35 堀内明子
ポスターA「子どもの身体活動量を増強させるための介入プログラムにおける不活動児の活動改善の検討-不活動児の活動改善に作用する心理的要因の検討-」

第一線で活躍なさっている竹中研究室出身の先輩方も多数のシンポジウム、ポスター発表に発表をなさる予定です。

皆様のお越しを心よりお待ちしています。

(文責:堀内)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索