キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的な梅雨時期となりました。
天候が優れない中ではありますが、本日も研究会が行われました。

(以下、発表順)

堀内:Donnelly JE, et al.
Physical Activity Across the Curriculum(PAAC): A rondmized controlled trial to promote physical activity and diminish overweight and obesity in elementary school children
Preventive Medicine 2009;49:336-341.

島崎:Miller YD, et al.
Mediators of physical activity behavior change among women with young children
American Journal of Prevent Medicine 2003;23:

鈴木:Perri MG, et al.
Relapse prevention training and problem solving therapy in the long-term management of obesity
Journal of Consulting and Clinical Psychology 2001;69(4):722-726.

斎藤:Williams SL, et al.
What are the most effective intervention techniques for changing physical activity
Health Education Reserch 2011;22(2):308-322.

2011年度も折り返し地点となりました。
私自身、今いくつかの研究を同時進行で実施していますが、
あっという間に時間が経過してしまうので、目標地点をしっかり定めて、博士2年目を充実させたいと思っています。

(文責:D2 飯尾)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索