キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

2011年6月22日 研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は、非常に晴天に恵まれました。梅雨の晴天の中、本日も研究会が行われました。内容は以下の通りです(発表順)。

前場:Hall,K.S., Crowley,G.M., McConnell,R.N., et al.
Change in goal ratings as a mediating variable between self-efficacy and physical activity in older men
Annals of Behavioral Medicine;39, 2010

島崎:Spotaels,H., Bourdeaudhuij,I.D., Vandelanotte,C.
Evaluation of a website-delivered computer-tailored intervention for increasing physical activity in the general population
Preventive Medicine;44, 2007

斉藤:Noar,S.M., BeanBrug,J., Oenema,A., Cambell,M.
Meta-Analystic review of tailored print health behavior change intervention
Psychological Bulletin;33(4), 2007

鈴木:Scherwitz,L., Kesten, D.
Seven eating styles linked to overeating, overweight, and obesity
Explore;1(5), 2005

堀内:Grieco,L.A., Jowers,E.M., Bartholomew,J.B.
Physically active academic lesson and time on task: The moderating effect of body mass index
Medicine and Science in Sports and Exercise; 41(1)

さて、先日行われたソフトボール大会において、私は4割以上の打率を残しながらも、最終回3点差2アウトランナー1,2塁一打同点の場面でセカンドゴロ、最後のバッターになってしまいました。
スポーツも研究も相通ずる部分があり、日頃の積み重ねがいざという場面で出るというのをまざまざと見せつけられた気がします。
日進月歩、背伸びをせず、日々研鑽を積んでいきたいと思います。

(文責:D1 島崎)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索