キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

第2回研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の研究会は,Canadian Journal of Public Health(2007)の文献購読を行いました。

担当は以下の通りです。

Brawley,L.R. and Latimer,A.E.
Physical activity guides for Canadians’ messaging strategies, realistic expectations for change, and evaluation.
担当:竹中

Tremblay,M.S., Shephard,R.J. and Brawley,L.R.
Research that informs Canada’s physical activity guides: an introduction
担当:上村真美

Sharratt,M.E. and Hearst,W.E.
Canada’s physical activity guides: background, process, and development
担当:飯尾美沙

Janssen,J.
Physical activity guidelines for children and youth
担当:堀内明子

Martin,K.A. and Hicks,A.L.
Considerations for the development of a physical activity guide for Canadians with physical disabilities
担当:緑川裕美

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索