キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

後期1回目の研究会が行われました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

博士課程3年 斎藤です.

本日,後期第1回目の研究会が行われました.今回は,夏休み中の進捗状況についての発表でした.

それぞれ着々と研究が進んでいました….

さて,夏休みは,今までの解析に基づいて論文作成を行い,やっと一つできあがった状態です….

…ということで,今回,論文作成における生みの苦しみについて…書きたいと思います….(^^)

私の場合,介入研究ばかり行っているので,実験終了後はデータをまとめ,解析をします.一応納得…と思うところまで解析をし,論文作成を始めるのですが,いざ論文にすると,ひっかかるところだらけ….そこで,再解析を繰り返し,どうにか納得できる解析結果を出し….表やグラフを作り,序論をまとめ…,考察を….さらに最後に文献リストを投稿雑誌に合わせて整理し(これがかなり大変…)やっと形に….

その後も読めば読むほどおかしいところだらけの論文を修正し…投稿へ….

達成感からホッとしてしまうのですが,審査に通らなければ掲載になりません….審査もなかなか通るものではなく,その後待ち受けているのは,恐ろしい査読です….たくさんの指摘を受け,修正し…を何度か繰り返し…掲載…となります.

どんな論文であれ…掲載となると…やはり嬉しいものです….

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索