キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

博士論文提出迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

博士課程3年の前場です。

本日の研究会は以下の内容で行われました。

竹中先生:
Improving subjective health at the worksite: a randomized controlled trial of stress management training, physical exercise, and an integrated health prigramme.
Occupational Medicine, 52(7), 383-391, 2002

鈴木:
Patients with type2 diabetes experiences of making multiple lifestyle changes: a qualitative study.
Patient education and Counseling, 74, 258-263, 2009

村山:
Postpartum return to smoking: identifying different groups to tailor intervention
Addictive Behaviors, 31, 1785-1796, 2006

細井:
Why some do but most don’t: barriers and enablers to engaging low-income groups in physical activity programmers; a mixed method.
BMC Public Health, 28(11), 507, 2011

飯尾:
Educational and Behavioral interventions for asthma: who achieves which outcomes?
Journal of Asthma and Allergy, 3, 187-197, 2010

有田:
Effectiveness of a behavioral change intervention in Thai elders after knee replacement.
Nursing Research, 54(2), 96-107, 2006

早いもので,あと一週間後に博士論文提出期限が迫ってきました。現在も最終章のまとめに四苦八苦しています。ギリギリまで検討することになりそうです…。
内容をざっと見直してみると,質問紙を用いた横断的研究が大半を占めています。このような基礎研究はもちろん大切ですが,得られた知見をどのように現場へ還元していくのか,ここが最も難しい点だと考えます。少しでも地域の皆様に役立つよう,博士論文提出後も介入方法等の更なる検討を行っていきたいと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索