キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

博士論文申請期日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日10月19日は、本年度学位論文申請締切日です。本研究室からは昨日、博士3年の前場さんが学位申請を致しました。お疲れさまでした。
 研究成果を形にすることの難しさを痛感しているとともに、私自身も残りの1年間で悔いのないように研究活動をしていきたいと改めて実感しました。

 本日の研究会の発表者および発表内容は、下記の通りです。

前場:高齢者の運動と健康関連QOLとの関連に果たすセルフ・エフィカシーの役割 -調節機能および媒介機能の観点から-

鈴木:Macrodimitris et al.
Coping, Control, and Adjustment in Type 2 Diabetes.
Health Psychology 2001;20(3):208-216.

斎藤:Brouwer et al.
What makes people decide to visit and use an internet-delivered behavior-change intervention? A qualitative study among adults.
Health Education 2009;109(6)406-473.

島崎:Van Keulen et al.
Tailored Print Communication and Telephone Motivational Interviewing are Equally Successful in Improving Multiple Lifestyle Behaviors in a Randomized Controlled Trial.
Annals of Behavioral Medicine 2011;41:104-118.

(文責:D2 飯尾)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索