キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

研究会について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新遅くなりまして、すみません。
皆さんこんにちは、寒かったと思うと日中は汗ばむほど暑かったり、体調を整えることが非常に難しいです。

さて、今回の研究室(11月16日開催)は、以下の通りで発表がありました。

鈴木
How Do People Change Their Diet?: An Exploration into Mechanisms of Dietary.
Chapman.K et al.2009

前場
Synergistic effect of social support and self-efficacy on physical exercise in older adults
Warner,LM et al.2011

斉藤
Increasing physical activity with point-of-choice prompts-a systematic review
Nocom,M et al.2010

島崎
Computer-tailored health interventions delivered over the web: Review and analysis of key components
Lustria,M et al.2009

以上です。

最近は、諸先輩方が忙しくしている中、私は、いまだに研究の方向性を思案中です。それでも、今は障害を抱える高齢者の在宅での運動状況を把握している最中であり、何とかまとめながら新たな方向性を見出していこうと考えております。
今後ともよろしくお願いします。

(文責:修士1年 有田)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索