キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

一段落しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新が滞り。申し訳ございません。

昨日から、より一層寒さが増してきました。
体調管理には気をつけなくはならないと、日々考えています。

先週までのあわただしさが嘘のように今週の研究室はとても静かでした。少し寂しいくらいでした。
私たち、修士2年は先週の金曜日(13日)に無事に修士論文を提出することが出来ました。先生、先輩方からご指導、ご協力のおかげで提出出来たのだと思います。本当に感謝しきれません。
現在は、2月の始めにある口頭試問に向け、発表準備に取り掛かっています。先輩方のように堂々と発表できるように、しっかり準備をして臨みます。

そして、来週の木曜日には、研究室内の発表会があります。修士だけでなく、4年生(卒論生)も発表を行ないます。彼らのことは、3年生の初めからずっと見続けていたので、彼らがもう卒業するのだと思うと感慨深いです。ここで経験したことを今後に生かしていって欲しいです。また、私自身もここでの貴重な経験を大切にし、次のステップへと進みたいと思います。

(文責:修士2年 鈴木)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索