キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

春休みの研究室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学では春休みに入り、キャンパス内のみならず、わが研究室のあるフロンティアリサーチセンター(通称B地区)も閑散としています。
閏年の今年の2月も残すところあと1週間となりました。博士生活があと1年となった私にとっては、例年より1日多くあるとはいえ、一日を大切に研究活動をしていきたいところです。
私は、小児ぜんそくの患者教育に関する研究を行っていますが、もうすぐ始まる予定の「患者教育介入研究」に向けて、倫理申請などの準備を進めているところです。博士論文の核となる部分ゆえ、詳細に計画を立案し、実施につなげていきたいと思っています。

(文責:D2 飯尾)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索