キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ようこそ!竹中研究室WEBサイトへ

私たちは、生活習慣病予防に果たす健康行動全般に関わる
心理・行動科学的研究を行っております。

その焦点として、
1)決定因(背景分析)
2)成果(心理 ・生理学的効果の検証)
3)介入(採択・継続のための効果検証)を 3本柱としています。
(詳しくはこちらをご覧ください)

ただいま大学院生募集中!! 詳しくはこちらをチェック

The 5th ASPASP International Congress of Sport Psychology 2007 in Thailand

○ポスター発表 Takenaka, K. Application of Behavior Modification to stair climbing for Japanese commuters Mangyo, R. Role on the group work in preven…

日本スポーツ心理学会第34回大会

○ポスター発表(2007/11/24) 「運動習慣の停止を導くハイリスク状況とその対処反応に関する調査研究」 竹中晃二・大場ゆかり・葦原摩耶子(早稲田大学) ○大会企画シンポジウム(2007/11/24) 「スポーツ心理学の軌跡と展望」 司会    :石井源信(東京工業大学) シンポジス…

プロフィール

早稲田大学 教授 竹中晃二 1952年:大阪に生まれる 1999年4月~:早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程健康科学専攻で研究指導を担当 Doctor of Education(Boston University) 博士(心理学)(九州大学)…

プロフィール

早稲田大学
教授
竹中晃二
1952年:大阪に生まれる
1999年4月~:早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程健康科学専攻で研究指導を担当
Doctor of Education(Boston University)
博士(心理学)(九州大学)

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索