キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ようこそ!竹中研究室WEBサイトへ

私たちは、生活習慣病予防に果たす健康行動全般に関わる
心理・行動科学的研究を行っております。

その焦点として、
1)決定因(背景分析)
2)成果(心理 ・生理学的効果の検証)
3)介入(採択・継続のための効果検証)を 3本柱としています。
(詳しくはこちらをご覧ください)

ただいま大学院生募集中!! 詳しくはこちらをチェック

休講

本日の研究会は、竹中先生と博士課程の万行さん・藤澤さんがACSM 55th Meetingへの参加で、ボストンに行っているため、お休みです。 研究会が休みとなって、ホッと気が抜けてしまいそうです。 このような時間に英論文を読み進めなければなりませんが、なかなか進まないイイオでした。…

第6回研究会

今日は,昨日のどしゃ降りがうそのように晴天です. 目の前はPC画面ですが,後ろを振り返れば窓の外はまぶしいばかりの新緑です! どこか行きたいなぁ~(*^_^*) さて,今回の研究会の内容です. National Social Marketing Center (2006) It's …

ある企業の健保スタッフ対象の研修会

一昨日の19日は,ある企業の健保スタッフ(保健師さん12名,看護師さん2名,衛生管理者さん3名,後関係者数名)を対象に,「行動変容」に関する研修を1日かけて行ってきました.朝の9時過ぎから昼食1時間を挟んで夕方5時半まで,そしてその後の懇親会というように受ける方も提供する我々もきつい研修でした.もち…

第5回研究会

今日は,朝から雨が降り,バイクで行けない...(昨晩から分かってはいましたが・・)電車は満員...バスをどこで乗るか不安!!というテンションが低い状態で登校しました(笑) では,本日の内容です! National Institutes of Health National Cancer…

金沢で一杯飲んできました

昨日は午前中に大学に来て,午後から羽田空港,そして小松空港に到着し,金沢医大で夕方から講演を行い,午後9時前ぐらいから金沢のとある料亭で医大の先生方と会食をしました.鯛とおこわのせいろが美味でしたし,焼酎もハイペースで飲んでしまいました.今朝は6時半にホテルをでて逆のルートでもどり,2限からの講義を…

いろいろとつながってきた感じ:効果的なポピュレーションアプローチ

徳之島伊仙町や世田谷区において,迫り来る健康行動変容に関するポピュレーションアプローチ開始に向けていろいろと構想を練っています.コミュニケーション,メッセージ,メッセージング,社会的説得などのキーワードの基に,特に印刷物によって人々に効果的な情報伝達を行い,人々が自己の問題点に気づき,健康行動に関し…

第4回研究会

つつじがきれいな季節となる中で,本日の研究会が行われました(写真は研究室の外で撮影したつつじです). 担当は以下の通りです. 世田谷区スモールチェンジキャンペーンの提案 担当:竹中 Jones, S.C.(2005) Message framing effects in exe…

スモールチェンジキャンペーン

初めて更新します。修士1年のイイオミサです。 GWは先週の天気予報とは打って変わって、雨からのスタートでしたが、今後は行楽日和になりそうです。 さて、先日、世田谷区のスモールチェンジキャンペーンの打ち合わせand一杯会に参加させていただきました。大学院に入学して、打ち合わせ、発表など初めての…

2つのポピュレーションアプローチ

TVの渋滞ニュースを尻目に余裕の連休1日目です.午後は,新宿で受託研究費を頂いている会社の社長さんと研究打ち合わせがありますが,午前中はゆっくりと考え事をしたり,フィットネスクラブでも行って汗をかこうかと思っています. 昨夜は,スモールチェンジキャンペーンのことで世田谷区の保健所の職員さんと打…

第3回研究会

本日、ブログを書かせていただく修士1年の緑川裕美です。 本日も大変天気がよく研究室の周りの緑も青々と茂っています。初夏を感じさせます。 そのような陽気の中、本日も研究会が行われました。 内容は先週の続きで,Canadian Journal of Public Health(2007)の文献…

プロフィール

早稲田大学
教授
竹中晃二
1952年:大阪に生まれる
1999年4月~:早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程健康科学専攻で研究指導を担当
Doctor of Education(Boston University)
博士(心理学)(九州大学)

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

NEW

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索