キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ようこそ!竹中研究室WEBサイトへ

私たちは、生活習慣病予防に果たす健康行動全般に関わる
心理・行動科学的研究を行っております。

その焦点として、
1)決定因(背景分析)
2)成果(心理 ・生理学的効果の検証)
3)介入(採択・継続のための効果検証)を 3本柱としています。
(詳しくはこちらをご覧ください)

ただいま大学院生募集中!! 詳しくはこちらをチェック

卒論・修論のシーズン

例年のことですが,卒論の提出が1月8日,修論の提出がその翌週ということで,皆さんおしりに火がついてがんばっています.なかでも,アイスホッケーの全日本学生選手権のために他県で合宿を行う2名の卒論生は,特別の許可をもらって,本日無事卒論を提出しました.彼らが行ってきた,ここ1週間の不眠不休の作業ぶりはた…

追い込み

12月も下旬に近づき,慌ただしくなってきました. 年明け間もなくして卒論・修論提出ということもあり,追い込みに入っています!! 街はクリスマスムードでいっぱいですが,研究には休みはないものだな,と感じます。 さて,自身の研究(高齢者の口腔機能の向上を目指したセルフケアプログラムの開発)の進…

健康行動の促進をブランド化する方略

昨日の研究会で私が発表した論文は,米国において子どもの身体活動量を増加させようとするVERBキャンペーンに関するものでした.VERBキャンペーンは,早期からの肥満予防を目的として,9-13歳の子どもを対象にして米国疾病対策センターが立ち上げた健康増進行動のキャンペーンです.verb(動詞)というキャ…

東京都特定健診・保健指導事業従事者養成研修

平成21年度東京都特定健診・保健指導事業従事者養成研修:保健指導スキルアップ研修「実践に活かす行動変容の知恵:制度に基づくマニュアル化アプローチからの脱却」 11月2日10時-17時に1回目の研修,そして昨日12月14日10時-17時に2回目の研修を行い,合わせて上記スキルアップの研修を終了し…

師走!

師走の声を聞き、周囲も少しずつ慌ただしくなってきました。 2009年もあと3週間で終わり。年頭に立てた目標は、達成されたものもあり、未だ達成されないものもあり…。 本日の研究会の内容は以下のとおりです。 竹中先生 Maddock JE: Formative research to d…

「人々を病むべき導きながら,健やかにと命じる」システム

最近,人に勧められてジャーナリストの辺見庸さんの著書を読む機会がありました.彼の著書の中で,資本主義について以下のように例えています.この世のありとあらゆる異なった「質」をお金という同質の「量」に置き換えるシステムであり,「人々を病むべき導きながら,健やかにと命じる」システムでもあると.この本によれ…

12月!

とうとう師走に入りました. 卒論修論ともに追い込みの雰囲気がひしひしと伝わってきています. 博士課程1年の上村です. 今日は,現在私が研究を進めているメッセージ・フレーミングの効果について紹介したいと思います. 同じ健康行動を勧める内容のメッセージでも,記述の仕方によって印象や記憶に…

岐阜県市町村保健活動推進協議会保健部会の研修

本日は,岐阜県市町村保健活動推進協議会保健部会で保健師さん対象の研修を行ってきました.会場の岐阜県健康科学センターは2両のワンマン電車で岐阜駅から乗り継いで「那加」という駅にありました.たった2時間の講習で伝えきれないこともありましたが,時間いっぱい咽の痛みに耐えながらせいいっぱい話をさせて頂きまし…

今日の研究会そして…

博士課程1年の斎藤です. あとひと月でクリスマス!…などとはしゃいでいる場合ではありませんね.今年ももうひと月しかないなんて本当に時間の流れの速さを感じます. さて,本日の研究会は先生と学生合計8名が発表しました.先週先生の”カツ!”がはいったので身を引き締めて臨みましたが,私はみごと撃…

冬突入

修士1年 新倉です. 11月下旬になり,寒さが増してきました. 先日の水曜日に研究会が行われました. 飯尾 Shegog.R Bartholomew,L,K Sockrider,MM Computer-based decision support for pediatric a…

プロフィール

早稲田大学
教授
竹中晃二
1952年:大阪に生まれる
1999年4月~:早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程健康科学専攻で研究指導を担当
Doctor of Education(Boston University)
博士(心理学)(九州大学)

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

NEW

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索