キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ようこそ!竹中研究室WEBサイトへ

私たちは、生活習慣病予防に果たす健康行動全般に関わる
心理・行動科学的研究を行っております。

その焦点として、
1)決定因(背景分析)
2)成果(心理 ・生理学的効果の検証)
3)介入(採択・継続のための効果検証)を 3本柱としています。
(詳しくはこちらをご覧ください)

ただいま大学院生募集中!! 詳しくはこちらをチェック

第10回研究会

今日は,今期最後の研究会でした. 3名の発表です. 竹中先生 Understanding tailoring in communicating about health (2008) 藤澤 Maintaining physical activity among older adults…

卒業論文

本日は人間科学部の学部生の卒業論文の提出日でした。 竹中研究室でも4年生が最後の追い込みで、研究室で4年生みんなで協力しあって、8人全員が無事に提出できました。 締め切り時間直前に、ちょっとしたハプニングもありましたが… みなさん、お疲れ様でした。あとは、発表会に向けてのppt作成も忘れずに!…

よーし,やるぞ・・・・

応用健康科学研究室のホームページをごらんの皆様,新年あけましておめでとうございます. 研究室に属す院生の研究をバックアップしていくことはもちろんですが,今年は私自身の研究に力をいれていきたいと思います.そのために,時間を作ること,アンテナを張ったり,論文を読んで心に余裕を持つことが大事だと考え…

今年も終わりました.来年は制度や組織におもねない仕事をしたい!!

今年も本日で終ろうとしています.今年は,あちらこちらから研修を依頼されることが多く,疲労困憊しました.そのわりに何かをしっかりやったという実感のない年でした.研修依頼も,特定検診・保健指導に関わる行動変容をテーマにしたものがほとんどで,行動変容そのものについては普及啓発に貢献したものの,私はお国の制…

子ども健康科学学会

今年の研究会は先週で終わってしまったので,先日行ってきた学会の話をします。 12月6日~7日にかけて,子ども健康科学学会に出席させたいただきました。 発表では,質疑応答の時に先生方から貴重なアドバイスをいただき,とても勉強になりました。 学会が名古屋で開かれました。 夜は少し名古屋の…

近況報告

一昨日は,学部生の今年最後の演習が終わったので,夜は研究室の忘年会でした.ただ,卒論も修論も来年1月の締め切りで皆さんは忘年できるほど余裕はないと思います.久しぶりに皆さんによいしょされて,調子に乗って飲み過ぎてしまいました.よいしょされてお金も使ってしまいました. 昨日は,今年度最後の講義も…

第9回研究会

まずは,昨日の研究会の発表者と読んだ論文タイトルです。 竹中先生 Kreuter,M.ほか 『Tailoring Health Messages Customizing Communication With Computer Technology』より Chapter 1: What…

第8回研究会

早いもので師走です。 卒業論文・修士論文の提出期限まで,あと1ヵ月余。 外はずいぶん寒くなってきましたが,研究室内はラストスパートの4年生も加わり,俄然,熱さを増しています。 本日の研究会は,出張続きだった11月のお疲れも癒えた竹中先生はじめ6名が発表しました。 ※( )内は発表者。…

第7回研究会 ‥の後に.

先日,我が竹中研究室が所属するフロンティアリサーチセンターにて大規模な消防訓練が実施されました. 普段行っている研究活動もそうですが,災害に関してもこのような「備え」が重要であるということを深く実感させられる一日となりました. PS.訓練の規模にも驚かされましたが,避難時に沢山の人々がセンタ…

第6回研究会

めっきり寒くなりました。研究室のあるフロンティアリサーチセンターは軽い山を登ったところにありますが、冬は雪が降る又は路面が凍るとの噂です。私にとっては研究室で過ごす初めての冬ですので。。バイクで通勤しているメンバーは大変になりそうとか、シャトルバスはちゃんと運行するのだろうか、など心配しながら冬を向…

プロフィール

早稲田大学
教授
竹中晃二
1952年:大阪に生まれる
1999年4月~:早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程健康科学専攻で研究指導を担当
Doctor of Education(Boston University)
博士(心理学)(九州大学)

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

NEW

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索