キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ようこそ!竹中研究室WEBサイトへ

私たちは、生活習慣病予防に果たす健康行動全般に関わる
心理・行動科学的研究を行っております。

その焦点として、
1)決定因(背景分析)
2)成果(心理 ・生理学的効果の検証)
3)介入(採択・継続のための効果検証)を 3本柱としています。
(詳しくはこちらをご覧ください)

本研究指導大学院生(修士・博士課程)の募集は,2022年度以降行いません。

研究会スタート!!

本日より,後期の研究会が始まりました!! 本日の研究会はD2とM2の中間報告,およびその他のメンバーの研究の進捗状況の発表を行いました. 夏休みの間は研究を進めるには良い期間であり,この期間がこれからの研究の進め方に大きく左右しそうです. 夏休みを研究のために費やし,有意義に過ごせた人の報…

本来子どものあるべき姿とは? そうだ,ピッピ!

秋学期も昨日から始まり,キャンパスも賑やかになりました.夏休みにやり残した仕事のフォローに追われる毎日です. 明後日は,東京都教育実践発表会のシンポジウム「子供の体力と学力をはぐくむために」にシンポジストとして話をすることになっています.ここ数日,身体も精神も行動にも,本来,子供のあるべき姿は何だ…

理学療法教育・研究とSelf-efficacy

夏休みも終わり、所沢キャンパスはすっかり秋の装いになりました。 博士課程1年の細井俊希と申します。竹中研究室に所属する傍ら、教員として理学療法士養成校に勤務しております。 今までの理学療法教育は、運動療法の講義が中心で、心理学的な側面に関してはあまり重視されてきませんでした。しかし、理学療法…

日本健康心理学会第22回大会終わる

[caption id="attachment_445" align="aligncenter" width="640"] 左から大場研究員,私,吉川先生,梶浦さん,澤さん,藤澤くん[/caption] 9月7,8日の両日実施された日本健康心理学会第22回大会が終了しました.お世話いただいた運…

ゼミ合宿終わる

9月3-4日にかけて箱根湯本でゼミ合宿を行いました.観光,勉強,懇親のほどよいバランスで大変有意義な時間を過ごせたと思います.4年生はこれをきっかけにして卒論作成に集中していきます. 院生や私は,明日からの日本健康心理学会第22回大会に集中しましょう! …

日本健康心理学会第22回大会における発表内容をお知らせします

9月7(月),8日(火)に早稲田大学国際会議場にて「日本健康心理学会 第22回大会」が開催されます. http://www.waseda.jp/assoc-JAHP/jahp22con/ 竹中研究室からは教授をはじめ,研究員,院生がシンポジウムやポスター発表を行います.あと1週間ということもあり…

9月の予定に集中

Zaichkowsky博士も帰国し,自分たちの研究や外部におけるイベントに対しても頭を切り換えていかねばなりません.9月に入りますと,以下のようなイベントが待っています.特に,日本健康心理学会第22回大会(早稲田大学国際会議場)は,私たちがメインとしている学会でもあり,多くの院生が発表を予定していま…

ザイコウスキー博士,帰国する

 ボストン大学教授のザイコウスキー博士は,先週の木曜日に来日し,早稲田大学の講演会,大阪でのメンタルトレーニング指導士会の研修,関西ストレスマネジメント研究会での講演,そして昨日行われた日本体育学会広島大学での特別講演をすべてこなされ,本日お昼に成田空港から帰国されました.昔もいまも変わらぬ人への気…

築地市場での一コマ

料理作るのも食べるのも大好きザイコウスキー先生を朝の築地市場に連れて行きました.市場は一番忙しい時間帯で「どけ,どけ,邪魔だ」の通行にも負けずに,ずいずいと見て回ったのです.…

ザイコウウスキー博士の来日

ボストン大学のザイコウスキー博士ガ来日しました.我が家に3泊して,後に関西で2つのセミナー,そして広島での体育学会特別講習でレクチャーくださいます.一昨日は我が家でのウェルカムパーティを,そして昨日は早稲田大学早稲田キャンパスで講演を行ってもらいました.本日は築地市場に案内し,喜んでもらいました.…

プロフィール

早稲田大学
教授
竹中晃二
1952年:大阪に生まれる
1999年4月~:早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程健康科学専攻で研究指導を担当
Doctor of Education(Boston University)
博士(心理学)(九州大学)

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

NEW

NEW

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索