キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ようこそ!竹中研究室WEBサイトへ

私たちは、生活習慣病予防に果たす健康行動全般に関わる
心理・行動科学的研究を行っております。

その焦点として、
1)決定因(背景分析)
2)成果(心理 ・生理学的効果の検証)
3)介入(採択・継続のための効果検証)を 3本柱としています。
(詳しくはこちらをご覧ください)

ただいま大学院生募集中!! 詳しくはこちらをチェック

もう6時過ぎ

8月ももう終わりを迎えます。今年も猛暑はみなさんどのように過ごされましたか? 院生は、集中講義や秋からの研究準備に力を注いでいます. 今日は,9月8日(土)に開催される健康づくりプロンプト・メッセージ・プログラム (本研究室と沖電気工業が共同研究)の市民モニター説明会の準備で、 院生の梶原さ…

明日,小学校に持っていくタブレットの調整

明日,小学校に持っていくタブレットの調整中です。…

昨日,アイルランドGalwayから帰国しました。

アイルランド,Galwayで開催されたヨーロッパ健康心理学会に参加して,昨日帰ってきました。今回の大会は,幾分医療色が強いという印象を受けました。糖尿病や喘息の患者,COPDの患者に特化した行動変容介入プログラムのシンポや口頭発表が多かったですね。それらをeHealthやmHealthを用いて行って…

ヨーロッパ健康心理学会発表の準備

ヨーロッパ健康心理学会の発表準備に追われています。まずは,ポスターの準備が完了しました。 ヨーロッパ健康心理学会大会は,これがまさに健康心理学だという企画や発表が多く,自分のアイデンティティを刺激してくれます。…

市民モニター募集ポスター・チラシ完成!

こんにちは、事務の鈴木です。 先日竹中先生からお知らせしたiPhone利用の健康づくりプロンプト・メッセージ・プログラムの市民モニターについてです。 市民の方々への更なる周知を目指し、市民モニター募集のポスター・チラシを梶原さんと作りました。 市内の各児童館、各図書館に置いていただけること…

ただいま,到着。

ただいま,到着しました。書店には,盆休み過ぎにでまわるということでした。…

間も無く出版「行動変容を促すヘルス・コミュニケーション: 根拠に基づく健康情報の伝え方」

「行動変容を促すヘルス・コミュニケーション: 根拠に基づく健康情報の伝え方」:訳本ですが,間もなく北大路書房から出版されます。…

iPhone利用の健康づくりプロンプト・メッセージ・プログラム

iPhone利用の健康づくりプロンプト・メッセージ・プログラムの市民モニター募集ホームページが完成しました。100名集まりますように・・・。…

桜美林大学大学院集中講義「ライフスタイル特論」終了する

桜美林大学大学院の集中講義「ライフスタイル特論」が終了しました。皆さん,熱心な履修者で気持ちよく講義が出来ました。ありがとう。 ところで,集中講義は身体がしんどい,3日間,朝早くからの往復は疲れました。…

母校へ

こんにちは。科目等履修生の吉田です。 夏休みの季節となってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 本日は私の母校である文京学院大学にて、修士論文の中間発表があり、拝聴してきました。 嗜好に関する研究や臨床心理的な介入研究と幅広く、とても良い刺激になりました。 こういった交流の中で、自…

プロフィール

早稲田大学
教授
竹中晃二
1952年:大阪に生まれる
1999年4月~:早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程健康科学専攻で研究指導を担当
Doctor of Education(Boston University)
博士(心理学)(九州大学)

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索