キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ようこそ!竹中研究室WEBサイトへ

私たちは、生活習慣病予防に果たす健康行動全般に関わる
心理・行動科学的研究を行っております。

その焦点として、
1)決定因(背景分析)
2)成果(心理 ・生理学的効果の検証)
3)介入(採択・継続のための効果検証)を 3本柱としています。
(詳しくはこちらをご覧ください)

本研究指導大学院生(修士・博士課程)の募集は,2022年度以降行いません。

12月9日 研究会(来週で最後)

皆様、こんにちは。D1のウェイリンです。段々冬っぽくなってきていますが、元気に過ごされていますか?自分はいきなりの低湿度に耐えられず鼻づまりと喉荒れに悩まされています(;^ω^) そこで日本産の龍角散ダイレクトは個人的に好評です(CMではありませんよ!)。 では、研究会はあと一回で今シーズン…

12月2日 研究会(気づけば12月)

こんにちは。D2の吉田です。あっという間に,12月になりましたね。周りを見渡すと,徐々に紅葉も少なくなり,冬景色に変わりつつあります。思えば,2020年前半は,直接人と会う機会が減りました。学会も,オンラインでの開催が多かったのではないでしょうか? 後半は,新しい生活習慣に馴染んでいることを実感し…

いよいよ年末

こんにちは。D3の渡辺です。コロナの感染者が激増しています。初めの自粛生活をしていた時の感染者数を遥かに上回っています。引き続き,気を付けながら,精力的に研究生活を送っています。面白いことに,感染者数に比例して,精神面での免疫力が高まっているように思います。何が起きても,元気に乗り越えていける自己…

メディア・エンパワメント・プログラムの実施

子どもたちのメディア利用がコロナ禍で一気に広がり,out of controlの状態が続いており,今後さまざまな問題が起こることを危惧しています。そのため,ここしばらく,メディア(ゲーム,動画配信,SNSなど)に対して児童の自制心,感情調整能力を高めるメディア・エンパワメント・プログラムの準備をし…

11月18日研究会

こんにちは。助教の松井です。あっという間に11月も終わりに近づいていますね。さて11月18日の研究会についてです。来年度入学予定のSさんも参加されました!竹中先生Williamson, C., Baker, G., Mutrie, N., Niven, A., & Kelly, P. (2…

11月11日研究会

こんにちは!D1の周です。爽やかな11月に入り,小春日和に喜びを感じながら, 紅葉もお見頃です。 皆さんは元気に過ごされていますか? 遅くなりまして,11月11日研究会の内容を共有させていただきます。 竹中先生 Reifegerste, D., & Rossmann, …

Zoomで児童の調査

コロナ禍で様々な制限があるなか,先週の金曜日に男児3グループを,今週の火曜日に女児の3グループを対象に,ゲーム,SNS,動画配信サービスの利用にまつわる調査をZoomで実施しました。専門ゼミのお姉さん,お兄さんがうまく司会をしてくれていろいろなことを聞き取りました。現在,行なっているメディア・エン…

日本健康心理学会第33回バーチャル大会

私たちが所属する日本健康心理学会の第33回バーチャル大会が11月16日(月)10:00に視聴可能になります。会期は11月22日(日)17:00までです。理事長講演,委員会企画シンポジウム,ワークショップ,ヤングヘルスサイコロジストの会シンポジウム,本明記念賞受賞講演は一般公開をいたしますの…

自粛生活で気づいた『よいこと』

新型コロナウイルス 感染症に伴う自粛生活において,特に高齢者は運動不足によってフレイルに,また社会活動が減り,自宅に閉じこもることによる認知機能低下や抑うつ感の増加が懸念されていました。私たちは,このように自粛生活を強いられた結果生じるネガティブな内容とは別に,自粛生活において能動的に活動…

11月4日 研究会

こんにちは。D1のウェイリンです。昨日は「文化の日」という祝日でしたが、皆様はどういうふうに過ごされましたか?我が家は季節を感じるために1.7㎞離れた駅前のお店でブランチを食べに歩いて行きました(普段は自転車です^^)。おてんば娘が途中で「あっち行こう」「そっち行こう」といろんなところに走り回って…

プロフィール

早稲田大学
教授
竹中晃二
1952年:大阪に生まれる
1999年4月~:早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程健康科学専攻で研究指導を担当
Doctor of Education(Boston University)
博士(心理学)(九州大学)

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

NEW

NEW

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索