キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ようこそ!竹中研究室WEBサイトへ

私たちは、生活習慣病予防に果たす健康行動全般に関わる
心理・行動科学的研究を行っております。

その焦点として、
1)決定因(背景分析)
2)成果(心理 ・生理学的効果の検証)
3)介入(採択・継続のための効果検証)を 3本柱としています。
(詳しくはこちらをご覧ください)

ただいま大学院生募集中!! 詳しくはこちらをチェック

新人歓迎会兼ただの飲み会

昨夜我が家で研究室の新人歓迎会兼ただの飲み会を開きました。学部通学生11名、e-school生3名、修士課程院生2名、博士課程院生3名が加わり、研究室は賑やかになりました。また、お客さんも数名来られ、楽しい夕べの会でした。皆さんの活躍をお祈りします。 今後は,このホームページを使って,…

研究会スタート

本日より,2009年度研究会がスタートしました!! 今年度はメンバーが増え,15名です。 新顔は5名でとても新鮮な空気が流れています。 現在は練馬のプロジェクトもあり,研究室は若干ワサワサしていますが,人がたくさんいるのは楽しいですね☆ 興味のある分野もまちまちで,さまざまなプロジェ…

通信ウオーキングプログラム「スモールチェンジ」の募集を締め切りました。

締め切り日が参りましたので、練馬区ー早稲田大学共同プロジェクト『通信ウオーキングプログラム:スモールチェンジ』の募集を締め切りました。現在、約170名もの人たちが申し込みをされております。予想以上の反響があり、現在、参加して頂く方の条件確認を急いでおります。その後、応募頂いた方には、参加の有無につい…

練馬区ー早稲田共同プロジェクト「通信ウオーキング」:締め切り迫る!

練馬区ー早稲田大学共同プロジェクト「通信ウオーキングプログラム」は、新聞3社の記事掲載もあって順調に応募者数をのばしています。締め切り日になっている4月5日(日)には、練馬区本庁舎地下多目的会議室におきまして『「歩く」を増やすための三日坊主克服法』と題した講演を9時半から実施します。5日に募集が終了…

高齢者の口腔機能向上プログラム

昨日26日に埼玉県歯科医師会の方と会議を行って参りました. ようやく方向性が定まり,安心しましたが,その期待に応えられるか少々不安を感じております. 歯科医師会の方々の熱い思いに触れ,私のモチベーションも上がり,気合いが入りました!! まずはフォーマティブリサーチから. ただ今,その…

門出の日

昨日3月25日は、学部卒業式・大学院学位記授与式が挙行されました。ご卒業おめでとうございます! 竹中研からは4年ゼミ生8人、院生(修士課程)2名が学位を取得しました。 もうすぐ、社会人としての一歩を踏み出す皆さん。 今後のご活躍を期待しています。 なぜか?!卒業式に行ったM1の2…

乞う,応募者!

先週は修士課程院生と永島先生の6名で白馬コルチナ国際スキー場に行ってきました.昔は毎シーズン,スキーに狂っていたのですが,最近は長期間大学を休んで「遊び」に行くことができなくなっています.先週のスキー(若者はスノボーですが)は院生のリクエストもあり,気晴らしに,まっいいかーという気持ちで行きましたが…

教授が転倒?!?

初日は、竹中先生・永島先生はスキーを、院生4人はスノーボードをやりました。 ご存知の方もおられるかと思いますが、竹中先生はスキーの指導員です。また、院生の堀内さんはスノーボードのインストラクターです。永島先生はスキー経験者です。院生3人は初スノーボードということで、狭山スキー場で、堀内大先生の指導…

ゼミ合宿?!

『ゼミ合宿』と称して、16・17日の1泊2日で、竹中先生、永島先生(竹中先生と仲良しの先生です)、院生(修士4人)の計6人で、白馬へ行ってきました。行ってきたというより、竹中先生に連れて行ってもらいました。。 先生の古くからのお知り合いの方の所(コルチナ国際スキー場のすぐ近くの『ルマメーウ』)に泊…

JICA、のど元過ぎれば熱さ忘れる・・・

先ほど徳之島から帰ってきました.先週の水曜日に沖縄に行き、木・金曜日は浦添市のJICAにて「保健医療における教育支援」に関する研修に特別講師として参加してきました.前回は昨年11月に行って私のひどい英語で、しかし終えたことに達成感を覚え、これを機会に英会話の訓練を・・・と思いながら、結局の処、何もし…

プロフィール

早稲田大学
教授
竹中晃二
1952年:大阪に生まれる
1999年4月~:早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程健康科学専攻で研究指導を担当
Doctor of Education(Boston University)
博士(心理学)(九州大学)

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索