キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ようこそ!竹中研究室WEBサイトへ

私たちは、生活習慣病予防に果たす健康行動全般に関わる
心理・行動科学的研究を行っております。

その焦点として、
1)決定因(背景分析)
2)成果(心理 ・生理学的効果の検証)
3)介入(採択・継続のための効果検証)を 3本柱としています。
(詳しくはこちらをご覧ください)

ただいま大学院生募集中!! 詳しくはこちらをチェック

第10回埼玉県糖尿病協会医療スタッフ研修会

昨日は,第10回埼玉県糖尿病協会医療スタッフ研修会に講演および動機づけ面接のファシリテータとして川越に行ってきました.参加者の皆さんは大変熱心で,しかし皆さんの議論を聞いていて糖尿病治療の難しさを改めて思い知りました.また,コメディカルの方々の熱い思いに支えられて成り立っていることもよく理解できまし…

練馬区ー早稲田共同プロジェクト:通信ウオーキング

3月1日より募集を開始する「通信ウオーキングプログラム」を紹介します.このプログラムは,練馬区在住・在勤の成人を対象に,「歩く」という活動を増強させることを目的に行動変容を行わせるプログラムです.うちの研究室が得意とする行動変容技法やテイラー化メッセージを届けることで行動継続,そしてそれが成果に導く…

癒し

寒い日が続くと,つい室内にこもりがちになり,代り映えのない生活を送ってしまいます. けれども研究室があるB地区は,自然にあふれ,四季折々の姿を見せてくれて,楽しめます. グレーの冬空の下,今日は頭が赤くて,背中やしっぽにかけて青,緑.赤,茶のグラデーションが色鮮やかなキジ(・・・ですよね?!…

Active Children 60 min

現在、日本体育協会スポーツ医・科学専門委員会で以下のような研究班で研究を行っています.今年もそろそろ報告書作成の時期が近づいてきました.私たちには、やってもやってもこういう仕事がついてまわります. この研究の骨子は以下のようなことです.身体活動・運動の習慣を子ども達に身につけさせることは、子ど…

練馬区ー早稲田共同プロジェクト「通信ウオーキング」予告

やっと協定書が整い,練馬区と本研究室で通信ウオーキングプログラムの開始に向けて動き出しました.世の中ではメタボ解消のために運動しろと言われるのですが,決まった時間に決まった場所で行う運動は誰にとっても負担の伴うもので,「わかちゃいるけどできない」という人がほとんどです.本プログラムは,運動習慣のない…

地域保健推進フォーラム

今朝も寒く、雨が降っていたので、長靴を履いてきました。 でも、もう晴れていますね! しかし最近の長靴はオシャレで助かります(笑) 昨日は埼玉県歯科医師会による地域保健推進フォーラムに行って参りました。 歯科医師をはじめ、歯科衛生士や看護師、保健師、介護士など、たくさんの方がいらっしゃり、…

近況報告ーごく近い将来の研究

研究室では,現在,来年度に向けて,院生個々の研究とは別に,あるいは一部重なって,研究室として取り組む新しい介入研究を準備しています. 1.東京都のある区と共同で行う通信ウオーキングプログラム 正式に協定書が整っていませんので詳細は後日お伝えしますが,内容は,特別に時間を取って,ある決まった場所に…

St. Valentine’s Day

昨日,研究室の女子からバレンタインの飴・チョコをもらいました。 中学生のころは随分とそわそわしたものですが,今となっては,「おぉ,そんな日か」と忘れてしまいます。ちゃんとプレゼントをくれる女性に感謝。ありがとうございます。 もらった飴は,僕の大好きな『いちごみるく』。 そして巨大!(中の飴は小…

札幌のおいしい旅

先週金曜日は,札幌市保健所の研修会で講師をしてきました.折も折,札幌では,雪祭りが行われており,寒いけれども大勢の人が集まり,賑やかできれいな風景でした.おいしいものもいっぱい食べて幸せを感じ,そして,あー,帰ったらまた仕事かあと思いながら帰ってきました. 明日は,滋賀県近江八幡市に出張です.今週…

修士論文公開審査会・口頭試問

今日の午後,竹中研の修士過程2年生二人にとって大きな山場の一つ,公開審査会・口頭試問が控えています。 大学院生は学生ではありますが“研究者”でもあります。 指導教官の指導を仰ぎ,研究室の先輩や仲間の助けを借りながら,研究計画を立て,その研究を論文という形にするまでの過程を経験します。 …

プロフィール

早稲田大学
教授
竹中晃二
1952年:大阪に生まれる
1999年4月~:早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程健康科学専攻で研究指導を担当
Doctor of Education(Boston University)
博士(心理学)(九州大学)

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索