キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ようこそ!竹中研究室WEBサイトへ

私たちは、生活習慣病予防に果たす健康行動全般に関わる
心理・行動科学的研究を行っております。

その焦点として、
1)決定因(背景分析)
2)成果(心理 ・生理学的効果の検証)
3)介入(採択・継続のための効果検証)を 3本柱としています。
(詳しくはこちらをご覧ください)

ただいま大学院生募集中!! 詳しくはこちらをチェック

夏休みが勝負!

所沢キャンパス内はすっかり夏休みモードですが、研究室はいつもと変わらず、皆が各々の研究や課題を進めています。 さて、修士論文研究の進捗状況をご紹介致します。 私は、小児喘息患児を養育している保護者に対し、毎日の治療行動の維持・継続、または行動の変容を促す患者教育のプログラムの開発を目指し…

情報源のテイラリング化

早いもので、前期課程も間もなく終了を迎えます。賑やかだったキャンパス内も学生の数が段々と少なくなってきました。 数ヶ月前から通学時に一駅分歩くようにしていたのですが、最近は暑さのために挫折がちになっています。バリア要因はいたる所に転がっているものですね(汗) さて、現在の私の研究テーマは「運…

第11回日本骨粗鬆症学会イブニングセミナー

何でも引き受けて反省しています.しかし,様々な領域で,行動科学や行動変容に期待が大きいということだと思い,せいいっぱい頑張らせていただきたいと思います.…

練馬区通信ウオーキングプログラム「スモールチェンジ」終了

本日,午前中に練馬区通信ウオーキングプログラム「スモールチェンジ」の修了式と採血が終了しました.7月18日の開始式から数えて3カ月間の間,梅雨のシーズンにうまく対処して継続された参加者が集まり,このプログラム内で行った内容の復習と修了証書の授与が行われました.結果の詳細は,今後分析を行わなければわか…

早稲田大学講演会のお知らせ「ハイレベル・パフォーマンスを支えるスポーツ心理学 ―プロ・スポーツ,芸術,医療におけるパフォーマンス強化―」

以下の講演会についてお知らせします. 主催 早稲田大学人間総合研究センター 共催 早稲田大学スポーツ科学学術院GCOE 「アクティヴ・ライフを創出するスポーツ科学」 後援 日本スポーツ心理学会・日本スポーツ精神医学会 ハイレベル・パフォーマンスを支えるスポーツ心理学 ―プロ…

練馬区ウォーキングプロジェクト修了式に向けて

研究室では,7月18日(土)に行われる練馬区―早稲田大学共同プロジェクト通信ウォーキングプログラムの修了式に向けて,対象者の皆さんにお会いできることを楽しみにしながら準備を進めています. そのような中で,前期最後の研究会が行われました. 発表者は以下の通りです(発表順) ・ポスター掲示…

禁煙はむずかしい。。。

今日は、午後から夏を思わせるくらいの暑さになりました。 そろそろ梅雨もあけてくるのでしょうか? バイクで出かけることの多い私としては、早く梅雨があけてほしいものです。。。。 突然ですが、ニコチンパッチやニコチンガムなど禁煙を推奨するCM等を最近よく目にするようになりました。 しかし、禁煙…

フォーマティブ・リサーチ

最近はスッキリしない天気が続き,あまり調子が出ません.早く太陽を見たいものです. さて,本日は自身の研究テーマである,「高齢者の口腔機能向上を目指したセルフケアプログラムの開発」の進捗状況に関して,記させていただきます. 5月11日からスタートしたフォーマティブ・リサーチは6月29日でひ…

エビデンスを示すことが必ずしも普及につながるわけではないけれど・・・.

 昨日,ある学会の理事会が名古屋で開催され,その後,気のおけない先生と3人で名古屋コーチンの専門店で一杯飲んで来ました.その席で,健康行動のガイドラインについて話が盛り上がりました.国は,例えばエクササイズガイドなど,健康づくりや生活習慣病予防のために,これこれこの程度のガイドラインの活動を行う…

運動療法と行動変容

博士過程1年 細井俊希と申します。 先日、早稲田キャンパスで開催された「第34回運動療法学会」に参加してきました。早稲田キャンパスは入学式以来でした。 シンポジウムでは「運動療法による障害の治療と予防」と題し、運動療法について紹介されました。障害・外傷の予防や治療に対する運動療法の効果につい…

プロフィール

早稲田大学
教授
竹中晃二
1952年:大阪に生まれる
1999年4月~:早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程健康科学専攻で研究指導を担当
Doctor of Education(Boston University)
博士(心理学)(九州大学)

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

NEW

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索