キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

ようこそ!竹中研究室WEBサイトへ

私たちは、生活習慣病予防に果たす健康行動全般に関わる
心理・行動科学的研究を行っております。

その焦点として、
1)決定因(背景分析)
2)成果(心理 ・生理学的効果の検証)
3)介入(採択・継続のための効果検証)を 3本柱としています。
(詳しくはこちらをご覧ください)

ただいま大学院生募集中!! 詳しくはこちらをチェック

台風13号・・・

9月15・16日と、鹿児島県・徳之島に、調査のため竹中先生と研究室メンバーの総勢10名で行ってきました。 15日の正午ごろ徳之島に到着しました。 徳之島は海がきれいで、とってもゆったりとしておだやかな島です。 少し島内観光をした後、ホテルで翌日の調査の準備です。 が、しかし。。。台風13号が…

日本健康心理学会第21回大会(2)

桜美林大学で2日間にわたって行われた日本健康心理学会参加のご報告です。 ポスター発表7名(竹中先生含む)・・・それぞれの題目は研究・発表(3)をご参照ください。 シンポジウムはたくさんの方にご参加いただき、盛況でした。討論では、我々の今後の研究における貴重なご意見をたくさんの方からいただきま…

三浦海岸でのゼミ合宿

9/8,9と三浦海岸近くのホテルにてゼミ合宿を行いました. 1日目は,午後から夕方まで「Making Health Communication Programs Work」の抄読と卒論計画などの発表がありました. 翌日は,学部生と院生,先生を含め,約20名で海に行きました. お天気もよく,…

日本健康心理学会第21回大会

9月12日(金)・13日(土)は、桜美林大学で日本健康心理学会第21回大会が行われます。研究室のメンバーも、シンポジウムやポスター発表を行います! ☆シンポジウム 13日(10:00~12:00) 竹中晃二・大場ゆかり・藤澤雄太・前泊成人 ヘルスコミュニケーションの実際-事前調…

9月になりました・・・

「あっ」という間に、8月が終わりもう9月です・・・。 早い!!今月は、ゼミ合宿、学会、調査でみなさん大忙しですね。。。9月も、「あっ」という間に過ぎてしまいそうな予感・・・・・・。やれるだけのことはやるように頑張っていきましょう! 今日は、久々の快晴でした。まだまだ、暑い日は続きそうですね。…

最近の研究室

8月だというのに最近雨ばかりです。 今日も雨が降っています。 とても夏だとは思えないような涼しさです。 大学は夏休みですが,研究室はにぎやかです。 卒論生(4年ゼミ生)もよく来ます。 お互いに作業を手伝ったりしながら,それぞれの研究を進めています。 (文責:堀内)…

ついつい立ち飲み屋で・・・

一昨日の火曜日は,日本看護協会が企画した特定保健指導実践者養成研修に講師として行ってきました.私の担当は,3日間あるこの研修の中日で,行動変容に関する理論と演習を午前・午後合わせて4時間半行うことでした.参加された皆さんは,動機づけがきわめて高く,講師を務めていてもやりがいがあり,帰りはそのやりがい…

お盆休み。

今年も何人かの方が,来年度の入学に向けた研究室の見学に来て下さいました。 医療系の方や臨床心理系の方,運動スポーツ系の方など,様々なバックグラウンドをもった方たちとお会いすることができました。 行動変容の応用分野を考えてみると,医療分野とのかかわりは非常に大きく,今後更なる発展がのぞまれます…

行動変容の資料が閲覧できます

竹中研究室にて作成いたしました小冊子を当サイトで 閲覧できるようになりました。 「ライフスタイルプランナーへの道」 「子どもの健康づくり計画 ―幼児編―」 「子どもの健康づくり計画 ―小学生編―」 ☆【経歴・著書】メニューの下にある ポップアップ【行動変容テキスト】からもアクセスでき…

竹中研の夏休み

研究プロジェクトの進行,卒論生からの研究計画の相談,集中講義やレポート提出,各自の研究,そして毎年恒例・竹中研「夏の勉強会」に向けての準備…。 夏休みと言えども休んでもいられないようです。 今年の夏の勉強会は,久々に大学を離れて,三浦でのゼミ合宿を予定しています。 課題は,ヘルスコミュニケ…

プロフィール

早稲田大学
教授
竹中晃二
1952年:大阪に生まれる
1999年4月~:早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程健康科学専攻で研究指導を担当
Doctor of Education(Boston University)
博士(心理学)(九州大学)

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索