キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

日本健康心理学会第21回大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月12日(金)・13日(土)は、桜美林大学で日本健康心理学会第21回大会が行われます。研究室のメンバーも、シンポジウムやポスター発表を行います!

☆シンポジウム 13日(10:00~12:00)

竹中晃二・大場ゆかり・藤澤雄太・前泊成人
ヘルスコミュニケーションの実際-事前調査、企画、実行、評価-

☆ワークショップ 13日(13:00~15:00)

竹中晃二
健康行動変容 -理論を実践に活かすー

☆ポスター発表

竹中晃二 12日(10:00~12:00)
スモールチェンジ健康づくり介入に関わる予備調査

大場ゆかり 12日(10:00~12:00)
健康行動における“スモールチェンジ”に関する探索的研究

万行里佳 13日(10:00~12:00)
キャンパスの地域差による大学職員の生活習慣について
ー都内および都内近郊との比較ー

藤澤雄太 13日(10:00~12:00)
保健指導の成否に関する原因帰属パターンの検証

満石寿 13日(10:00~12:00)
運動中における感情および心臓血管系の反応

堀内明子 13日(10:00~12:00)
身体活動ガイドライン策定に関する予備的研究
-健康度を決定する歩数の基準を探る-

前泊成人 12日(10:00~12:00)
離島地域における生活習慣病予防プログラムの開発

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索