キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

早稲田大学出版部より,「早稲田大学エウプラクシス叢書 ヘルスコミュニケーション:健康行動を習慣化させるための支援」という書籍を上梓させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

助手の島崎です。早稲田大学出版部より,「早稲田大学エウプラクシス叢書 ヘルスコミュニケーション:健康行動を習慣化させるための支援」という書籍を上梓させていただきました。2016年12月10日発売予定で,Amazonから販売予約が開始になりました。

卒業研究から10年余り興味を持って研究・実践に取り組んできた「コミュニケーション」について,幸運にも縁があり,携わらせていただいた教育の現場,ヘルスケアの現場での体験をもとにして,東海大学,早稲田大学で学んだ学術的な内容をまとめました。
具体的には,この研究室の大命題でもある,「健康行動の開始,継続・習慣化,不健康行動への逆戻りの予防の枠組み」,「理論・モデル,行動変容技法,メッセージングの要素をもちいた健康情報の効果的な伝達方法」,および「埼玉県ときがわ町での実践」といった内容について扱っています。ご興味のある方がおられましたら,手にとっていただければ幸いです。
竹中先生をはじめ,これまでお世話になった皆様,ありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。

【Amazonで予約が開始になりました】
「ヘルスコミュニケーション:健康行動を習慣化させるための支援」で検索すると出てきます。

【書籍情報(早稲田大学出版部)】
http://www.waseda-up.co.jp/newpub/post-738.html

(文責:助手 島崎)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索