キーワード/健康行動、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ
専門分野/専攻分野:健康心理学、応用健康科学、行動変容

25th European Health Psychology Conference

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

博士課程3年の前場です。

9月20日から24日にかけて,ギリシャのクレタ島にて第25回ヨーロッパ健康心理学会が開催されました。
今回のポスター発表はinteractive形式で,各自5分程度のプレゼンの後質疑応答がありました。慣れない英語に四苦八苦しながらの発表でしたが,参加者の皆さんはとても温かく聴いてくれて,またハンドアウトもすべて無くなり,研究に関心も持っていただけたようで一安心でした。
今年のヨーロッパ健康心理学会はポスターやオーラルを含め1000以上の発表があり,その内容も多分野にわたるものでした。しかし,どの発表も「健康心理学」という軸からぶれず,基礎研究よりも臨床現場での応用研究が多く,改めてその学際性を強く感じました。キーノートレクチャーではLucy Yardleyのe-health interventionについての発表を拝聴し,この領域の最新の知見を得ることもできました。

クレタ島も非常に穏やかな陽気で,のんびりと過ごすことができ,博士論文の仕上げに向けてよい充電ができたように思います。

さあ,今日からまた気合いを入れなおして頑張ります!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索